slider-bg

世界初
暗号美術品取引所

BaconEX 「暗号美術品取引所」はブロックチェーンを通じて美術品を暗号化 (tokenization)し,「美術品+ネットワーク+金融」の形で美術品の収集家及び投資家に美術品の管理、投資、発行、交換をサポートしている。利用者達に安全、満足な体験を提供する。暗号美術品の購買、販売及び管理に最も簡単な環境である。

取引開始
slider-bg

投資者のため
最適投資管理

BaconEX 「暗号美術品取引所」は投資管理の役割として、責任を持ってESG (Environment、Social Responsibility、Corporate Governance) 原則で各暗号美術品に審査する。確実に最新状況を把握し、投資者のため最適な投資管理を行う。

取引開始
slider-bg

安全的な環境であなたの暗号美術品を
取引する

BaconEX 「ベーコン暗号美術品取引所」はブロックチェーンを基いてウォレット対ウォレット (W2W; Wallet to Wallet) 分散化リアルタイム取引を提供している。流量は暗号化SSL(https)を通じて行われ。ウォレット(及びプライベートキー)はAES-256暗号化保存。全てのアカウントは二回認証が必要、登録ネームとパスワード以外、二回認証で更に安全的保護を追加する。

取引開始

美術品取引の参加はただ三つのステップ

BaconEX 「ベーコン暗号美術品取引所」は誰でもただワンカップコーヒの費用で数百万ドルの美術品投資を可能にする。

  1. services

    今すぐベーコンウォレットを作成する

    BaconEXはベーコンチェーンを基いて作成られ、メールアドレスを入力だけで簡単にベーコンウォレットアカウントを作成できる。

    新規登録
  2. services

    本人認証

    本人認証は法律及び安全保障のため実行する、取引行う際には認証レベルをBまたAに上がる必要。

    もっと見る
  3. services

    資産と暗号通貨の取引

    世界中一億五千万のブロックチェーン利用者たちの行列を参加し、一緒に分散化の公平世界を創造しましょう。

    取引開始

ベーコンコイン(BAK)の為替相場

ベーコンコイン( BAK;Bacon Coin )はベーコン生態系の消費コインであり、主は生態系の燃料費に使用され. ベーコンコイン( BAK;Bacon Coin )はイーサリアム ERC20標準で作成される。

BaconEX ホワイトペパー

BaconEX 「ベーコン暗号美術品取引所」ホワイトペパーはBaconEXの生態系紹介、市場定位及び技術を掲載する。。BaconEX 「ベーコン暗号美術品取引所」はベーコンチェーンを基いてビジネス事例の一つである。

ホワイトペパーをダウンロードする

よくある質問

BaconEX 「ベーコン暗号美術品取引所」に関する質問。

BaconEXはなぜ一般の集中式取引所より安全になれるか?

BaconEXは世界初のブロックチェーンに基いてウォレット対ウォレット ( W2W; Wallet to Wallet) 分散式取引所 (DEX)。個人のウォレットとスマートコントラクトを通じて、利用者の資産は自分で把握し、リスク無し、集中式取引所より安全、透明、公平な環境を提供している。

現在では一般的な集中式取引所とBaconEX分散式取引所の最大の違いは所有権であり、集中式取引所の場合では、その運営は銀行と非常に似ている。:

1) 所有者は一人。
2) 保管庫は一つ。

集中式取引所には暗号通貨(資產)の所有權は取引所自身が持つため,取引所の突然倒産で全て投資者の資金も消えてしまう。BaconEX分散式取引所にはそのリスクはない。集中管理が不要、資金は自分自身が管理している。ただ取引際に暫くスマートコントラクトを通じて両方をマッチするだけ、取引完成後の資金は自動的に自分のウォレットに戻れる。。

BaconEXは何故一般的な集中式取引所より早い、安い、簡単なのか?

集中式取引所と比べると、分散化取引所相(DEX)は先天性利点がある。利用者は自分の資産を取引所に預ける必要ない。資産分散のため盗難されにくいし取引所が問題が出ても、利用者の資産と取引に影響与えられない。。

安全性高めているけど、市場データによるとDEXの取引量は集中化取引所の5%未満。

その原因はDEX取引所がある欠点、例えば取引ペーアが少ない(クロスチェーンできない)、スピードが遅いなど。それについてBaconEX集中式取引所の解決策は:

1) 取引利用と取引スピードの欠点にはBaconEXがベーコンチェーンに築くられ、秒間でブロックを作成。

2) 取引ペーアにはベーコンチェーンはパブリックサイドチェーンであり、各主流トークンに繋がり、取引には各トークンでも対応可能、BaconEXの利用者がもっと利用しやすい。

どうやってBaconEX参加できるか?

BaconEXに参加するにはただの三つのステップ:

1) ベーコンアカウントを作成する。メールアドレスを入力だけてアカウントを作成でき、極簡単。

2) 会員認証。会員認証はアカウントの安全性保障のため行われ、会員レベル上がると可利用機能も増えていく。

3) 資産及び暗号通貨取引開始。世界中一億五千万暗号通貨利用者たちの行列を参加して、一緒に分散化の公平世界を作りましょう。

BaconEXの會員レベルと会員認証は?

会員認証はアカウントの利用安全性のため行われ、BaconEXで取引する際に会員レベル上がる必要。BaconEXの會員レベルは国際マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策を基いてC、B、A 三つのレベルを分けている。

C レベル )「メールアドレス」の登録。このレベルにはウォレットで暗号通貨を送信、受信機能を利用可能。

B レベル)「身分書類」の登録。このレベルには暗号通貨の交換、購買、販売機能を利用可能。

A レベル)「銀行口座」の登録。このレベルには法定通貨と暗号通貨との交換、銀行振り込みで暗号通貨の購買また出金機能を利用可能。

BaconEXの利用料金は?

BaconEXの会員登録は無料、BaconEXで取引行う際に手数料が発生する。手数料の計算は取引金額の0.1% (BaconEXは手数料変わる権利が持ちます)。他利用料金を各サービスの説明を確認してください。

取引所の中に各トークンの種類は?:ユーティリティトークン、セキュリティトークン、ステーブルコイン、商品トークン?

「ユーティリティトークン」(Utility Tokens)ユーティリティトークンとはブロークチェーンでの有用性や利便性のトークンであり、伝統的な金融商品取引法と関わらず、SECも正式にビットコインとイーサリアムはユーティリティトークンのことを宣言した。BaconEXの中に利用されるベーコンチェーントークンベーコンコイン(BAK)も台湾金融管理協会の承認をもらってユーティリティトークンに所属である。

セキュリティトークン(Security Tokens)は資産を基いて作成されトークンであり,一般的には現実資産と繋がっている、例えば現金、株、固定収益資産、不動産、大量商品など。

「ステーブルコイン」(stablecoin)は価格が安定している暗号通貨を指す、例えば法定通貨、ゴールド。 Tether Limited 会社のUSDTもステーブルコインの一つである。

「商品トークン」(Commodity Token)は実際の商品に対応するトークンである、暗号通貨の新たな応用である。商品トークンはEコマースによく使うわれ、トークン化の商品券と考えられる。出荷責任は全てトークン発行者がとっているため、商品の真実性を保障できる。中間リストを抑えて、取引の流れを簡単化し効率も高める。流通市場が生成していく。その上にすぐ出荷する必要がないため、現行のEコマース店舗より効率が高い。また商品トークンがSNS機能が付き、持ってる人が個人ブログまたSNSで展示する可能、取引を広げられる。

BaconEXのスマートコントラクトは?

BaconEXは世界初スマートコントラクトを基く取引所である。

スマートコントラクトはブロックチェーンを基くデジタルコントラクトである。基本的にはパソコンコード書いてるのコントラクト、その中に特定の条件を決まってて、一般の契約書と同じ。完成する際には両方が約束した結果を行う。

一般的な取引所がトークンの交換を可能だけど、その欠点は:

取引自身が暗号通貨(資産)と関係ない。 例えば、現行の取引所が売り叩き行為を管理できない。

BaconEXのスマートコントラクトがその問題を解決した。例ば、特定条件を書いてるスマートコントラクトには特定行為を防止可能、それはスマートコントラクトにおる自動的に行われ、個人及び取引所の自身規範ではない。

BaconEXに参加する条件は?

あなたの所在地の法律また適用する法律が暗号通貨の販売及び発行することを禁止されている。BaconEXは新規登録を受けられません、サービスのご利用もご遠慮ください。

BaconEXサービスの申請資格は年齢20歳以上、居場所は日本、アメリカニューヨーク、ユーロパ経済地域以外また日本、アメリカニューヨーク、ユーロパ経済地域の公民ではないこと。